ドメイン取得と様々な事業者

事業者から提供してもらったサブドメインでの運用は行わず、もうドメイン取得をしている独自ドメインを持ち込みが前提となっているホスティングサービスもあります。


その一方で、ドメイン取得で獲得した独自ドメインを持ち込むことを受け付けておらず、事業者が指定したドメイン管理業者が取り扱うドメインだけしか受け付けていない事業者もあります。

ドメイン取得を代行してもらったときのドメインがどこの名義になっているかや、移管することができるのかについて充分に注意をする必要がある事業者になります。

独自に取得をしたドメインから作成されたサブドメインの使用を認めている事業者もあります。



ホスティング事業者によって、単に異なる名前で同一のページを表示するだけで、違うウェブサイトが運用不可能な場合と、違うウェブサイトが運用可能な場合があります。
サブドメインで幾つかのサイトを運用することを検討しているときは、前もって確認しておく必要があります。



一件の契約で幾つもの独自で取得をしたドメインの運用ができるケースでも、違うドメインで同一のページを表示するだけの場合と、違うウェブサイトを運用できる場合があります。
一件の契約で独自のドメインで幾つかのサイトを運用することを検討しているときは、前もって確認する必要があります。



幾つかのドメインで同一のウェブサイトを表示させる場合は、社名が変更になったなどといった理由でドメインを変更する必要があるときに、アクセスが旧ドメインでもできるようにしておきたいときにマルチドメインを利用します。