過払い金が発生する仕組み

  • 完済してない人が過払い金請求するときの注意点

    • 借金問題の解決方法としては、自己破産や任意整理などの債務整理の方法があり、これらの手続きを行ったときには事故情報としてブラックリストに登録されます。

      セゾンの過払いのマニアックな情報をお届けします。

      貸金業者としても債務整理などの手続きが行われると、貸し付けた金額を取り戻せなくなりますので、審査の段階で信用情報機関に問い合わせをして、ブラックリストに載っている人かどうか確認を行っています。


      貸金業者から融資を受けたときに、法律で決められている上限金利である年率20%以上の金利で借り入れをしていたときには、利息を支払いすぎていることになるために、過払い金として返還を請求できます。



      過払い金返還請求をしたいと考えたときに、ブラックリストに掲載されるのではないかと気になって、手続きの実行に踏み切れない人もいると思います。
      すでに貸金業者から融資について返済をし終わっているときには、その後に過払い金の返還請求を行って、利息分を取り戻したとしても事故情報として登録されることはありません。
      ただし、完済をしていなければ、借り入れをしている債務に充当されることになり、ブラックリストとして事故情報に登録されることになります。
      そのために完済している場合であっても、すぐに過払い金の返還請求をしてしまうと、事故情報の登録がされる恐れがあるために、少し時間を置いたほうが良いと言えます。

      すぐに手続きを行ってしまうことで、貸金業者への完済と信用情報の取り扱いについてタイムラグが生じて、ブラックリスト登録されてしまう危険性がありますので注意しておく必要があります。