過払い金が発生する仕組みと返還請求 - 過払い金が発生する仕組み

過払い金が発生する仕組み

  • 過払い金が発生する仕組みと返還請求

    • 任意整理などにより借金をなくすことができるケースがありますが、なぜ借金がなくなるのか仕組みを把握することが大切です。

      任意整理にはメリットだけではなくデメリットもありますので、人によって任意整理後の生活が大きく変化してしまいます。
      任意整理により借金を整理するには、過払い金が発生しているかどうかが鍵を握ってきます。現在では貸金業法の改正により金利の上限が引き下げられていますが、以前は利息制限法の金利を超えた融資を行っていた時期があります。

      俗にグレーゾーン金利と呼ばれていますが、グレーゾーン金利で利用した期間が長いほど過払い金が大きくなります。

      任意整理では払い過ぎた利息を取り戻すことが可能ですが、グレーゾーン金利で利用した分を現在の金利で再計算し、払い過ぎた分があれば取り戻せる仕組みとなります。

      セゾンの過払いに関するお悩み解決にはこちらです。

      借金でなた無人にはメリットを感じる任意整理ですが、任意整理後のデメリットがあるためケースバイケースとなってしまいます。


      任意整理により過払い金の額が借金総額を上回る場合、借金をすべてなくすことができるため、整理した金融業者からの借り入れができなくなる他にはデメリットがない点に特徴があります。


      任意整理後は通常の生活を送ることが可能ですが、整理により借金が残る場合は信用情報に記録が残ってしまいます。



      一般にブラックリストと言われますが、この場合には一定の期間がくるまでは一切の借金ができなくなってしまうため、任意整理による過払い金返還請求には人それぞれにデメリットやメリットが出てきます。