独自でドメイン取得したドメインへの切り替え

レンタルサーバを提供する事業者により、サブドメインやドメインにまつわるサービスに差があります。

ホスティング情報をまとめてチェックしよう。

ホスティングサービスを提供する事業者がドメイン取得しているドメインから派生するサブドメインを利用してしかサイトや電子メールの運用が行えなかったり、独自でドメイン取得を行ったドメインは利用できないホスティングサービスがあります。

BIGLOBEニュースはとにかくお勧めです。

個人向けのホスティングサービスでレンタルサーバにかかる料金は低価格で、サブドメインの提供については無料であることが多いです。



独自でドメイン取得を行ったドメインを使ってサイトや電子メールを運用する利用者や、事業者が提供したサブドメインを利用してサイトや電子メールを運用する利用者にもサービスを提供しているホスティングサービスもあります。
そのような事業者を利用するときの注意点は、事業者から提供されたサブドメインを利用してサイトや電子メールを運用した後に、独自に取得を行ったドメインを使ったサイトや電子メールの運用に切り替えることが可能な事業者と不可能な事業者が存在するということです。
個人でサイトや電子メールを運用するときには、初めの内はサブドメインを利用してサイトや電子メールを運用していくことを検討している方は少なくないはずですので、後になってから、独自で取得を行ったドメインに切り替えてサイトや電子メールを運用することがきるかどうかを問い合わせて確認をしておく必要があります。