ファッション/アパレル/装飾品, ブラックフォーマル, 冠婚葬祭

自然葬と法律の関係は

散骨のような自然葬は、以前、墓埋法にある埋葬や遺骨の埋葬は墓地以外で行ってはならないという内容の規制と、遺骨遺棄罪を定めた刑法に抵触するのではないかといった懸念がありました。しかし厚生労働省は墓埋法の解釈について、遺灰を海や山にまくいわゆる現在の自然葬といった葬法は想定していないために対象外だといった見解を示しています。墓埋法は1948年に作られました。この時期は戦後の混乱期でもあり、このころはまだ主に土葬によって埋葬されていました。

秩序なく土葬されてしまえば伝染病が蔓延するといったことも心配されますので、この法律によって規制を設けたのです。散骨を対象に考えていたわけではありません。また自然葬の死体遺棄罪に対する見解は、法務省が示しています。死体遺棄罪は社会的習俗の中にある宗教的感情といったものを保護する目的で作られた法律です。

そのため葬送方法が節度をもって行われるのであれば、その違いを制限するものではないといった内容です。これによって自然葬は法律に反しているものではないと言うことが認められました。規制する法律がないのですから、合法というよりは「違法ではない」と解釈することが妥当な立ち位置ではありますが、少なくとも咎められることはありません。これから先、あまりに公序良俗に反するような行為や地域住民への配慮がない様な行為が目立つようになれば、法の整備がなされることもないとは言えません。

自分自身が満足できる自然葬を実現するためにも、また後世の人々のためにも、節度ある実施が望まれます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です