冠婚葬祭, 喪服, 葬儀・葬式

自然葬に対する生前からの配慮

自然葬は故人が望まないのに行われると言うことはあまり見られず、故人の生前の意志を遺族が汲んで生前葬を執り行うということがほとんどです。「自然に還る」「家に縛られない」といった自由意志の表現として選択されることもありますし、「遺族に負担を掛けたくない」といった配慮から選ばれることもあります。従来型の葬送方法よりもコストが低いということもメリットとしてあげられるでしょう。しかし自分が自然葬を望むのであれば、生前から遺族となる人たちに対して理解を求めておくことが必要です。

「墓」に呈する考え方は人それぞれです。亡くなった人は、生きている人の心の中に生きているとはいえ、「会いに行く場所」「会える場所」を遺族が望んでいる場合もあります。先祖を大切に思う気持ちを、墓参りの姿勢から学んだ人も少なくありません。「墓」はその対象物として、充分な役割を果たします。

たとえば自分の身内でない、有名人の墓があれば、その影響を受けた後の人々がお参りを行う様などが良く見られます。心酔している歴史上の人物の墓があれば、そこをお参りする人も後を絶ちません。そのように「会いに行ける場所がある」という安心感を遺族が持つことも考えられるのです。そういった気持ちを遺族が持っている場合、自然葬に一抹の寂しさや哀しさを抱く可能性があります。

その気持ちを理解し、自然葬を望む人は、生前にきちんと話し合っておくべきでしょう。遺族となる人たちの心に対しての配慮は必要不可欠なものです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です