ファッション/アパレル/装飾品, ブラックフォーマル, 冠婚葬祭

自然葬が増えています

墓石の値段は、地域によってばらつきはありますが、平均的な価格だと150万前後です。100万以下の価格もありますが、寺院墓地には、指定石材店制度があるところが多いので、指定された業者からしか購入できない場合が多いです。この墓石の値段に象徴されるように、慣習やしきたりに縛られて、葬祭に関わる諸費用は高額化しています。これが自然葬が増えている原因の一つです。

また、少子化、核家族化で、今までの家系のお墓を子孫が代々管理し続ける体制が維持できなくなっているのも大きな要因です。自然葬とは、故人の遺骨を骨壷に入れてお墓へ納めるかわりに、山や海などに散骨するやり方です。自然葬のなかには、墓石ではなく樹木を墓標として利用する樹木葬もあります。樹木葬は、通常の墓地と同様埋火葬許可証が必要で、イメージとしては、墓石を樹木で代用するやり方になります。

樹木葬は、墓石を購入するより格段に費用がかからない事と、死後もその樹木が生き続けるといった理由から希望する人が増えています。この様に、海や山が好きだった、最後は自然の一部になりたい、墓石に高額なお金を使いたくない、子供にお墓の管理で迷惑をかけたくない、などが自然葬を選択された方々の理由のようです。山や海に散骨する際には、遺骨を2ミリ以下に粉砕するなど法律で定められています。当然ですが土地所有者に許可をとる必要もあります。

樹木葬は、墓地として許可された場所でしか行うことができません。散骨と比べると対象になる場所が限定されます。自然葬にも法律やルールがありますので、個人で行うのは難しいかもしれません。専門の業者や葬儀社に相談する事をお勧めします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です