冠婚葬祭, 喪服, 葬儀・葬式

自然葬の中で土葬が難しい理由

いまほとんどが火葬されていますが、日本古来の埋葬方法が火葬と言うことではありません。土葬が主なもので、火葬は明治6年、1873年に神道派の主張を受けて日太政官布告では火葬禁止令を出したほどです。その後、仏教徒の反発や衛生面からの考察による反発を受け、禁止令は約2年後に解除されました。急激に日本が発展した時期でもあり、都市部では土葬スペースが大きく不足してきたということも背景にはありました。

今でこそ火葬のインフラも整い、それが当然のように選択されていますが、「墓地、埋葬等に関する法律」の中では、火葬、土葬に関わらず平等な扱いを受けています。感染症の予防の観点からそれに対する法律の規制はありますが、自然葬として土葬を望む声を規制するものではありません。しかし条例によって、東京都や大阪府、名古屋市などでは土葬を禁じています。またその他の自治体においても、条例で禁じているわけではなくとも、内規レベルでそれを受け付けない姿勢を示しているのがほとんどです。

古くからの風習によって奈良県や和歌山県の一部は受け付けられやすくなっていますが、その他の地域で難しいのはそのためです。自然葬が指示されるようになり、土葬を望む声も多くなっています。「地下水などに影響を及ぼさない」「住民住民とのトラブル回避に努める」「永代管理が約束できる」といったことがクリアできれば、自然葬としての土葬を規制できる法律が存在しないのも事実です。どうしても土葬を望む場合には、その知識や経験値が高い団体や業者などへの相談が必要となるでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です