ファッション/アパレル/装飾品, ブラックフォーマル, 冠婚葬祭

知っておきたい自然葬

少子高齢化や独居老人、孤独死などの問題が盛んに叫ばれるようになった昨今では、自分の人生の締めくくりの方法を事前に自分で決定するというような終活を行う人も増えてきました。また、死生観や家族の形に対する価値観の多様化によって、埋葬の方法も従来のようなお墓にとらわれず、さまざまな思想が受け入れられるようになっています。なかには、先祖代々のお墓に埋葬するのではなく、自分が亡くなった後は、海に散骨するように遺族に依頼することを選択する人も少なくありません。これは、自然葬と呼ばれ、亡くなった人の遺体や遺灰、遺骨などを海の中や木の根元、山の中など、自然の環境のなかに返すことによって埋葬する方法です。

人間も地球上の大きな命の循環の一部であるととらえ、文字通り土にかえすことによって、亡くなった人の生前の想いを遂げることができる方法です。この埋葬方法は、個人墓としてとらえられることが多く、従来のような墓の継承者を必要としません。霊園や墓地の管理者が管理を引き受けてくれるため、身よりのない人にとっても安心できる埋葬方法です。また、墓石を必要としないという点でも、従来の埋葬方法にくらべて費用を抑えて供養してもらうことができることもメリットの一つとしてあげられます。

しかし、日本では墓地に関する法律や遺体の扱いに関する法律も厳しく定められているため、散骨などの自然葬による埋葬を行いたいと考えている場合は、自然葬に関する知識や情報を十分に集めたうえで、専門の業者に依頼するなどのモラルやマナーを守って実施するようにしましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です