ファッション/アパレル/装飾品, ブラックフォーマル, 冠婚葬祭

葬儀の料金を支払うことができなくても心配無用

故人を弔う気持ちを表現する最良の手段は葬儀の料金を支払って式を営むことですが、喪主の経済状況が芳しくない場合には不都合な事態が発生します。葬儀の料金を支払うことが叶わず、どのようにして故人を弔えば良いのか分かりあぐねてしまうことです。ところが、葬儀の料金を支払うことができない喪主とも契約を交わしてくれる業者は多く存在します。葬儀を営むには潤沢な資金を用意することが求められる一方で、それが難しい場合には喪主の全財産を担保にすることによって契約が交わされます。

現金が用意できない喪主であっても、自家用車や土地などといった資産価値が高い動産や不動産を保有している可能性は低くありません。その点に着目して、葬儀会社がどのような人物からの契約にも応じられるように法整備が進められています。ですから、万が一にも親族から必要な費用を出してもらうことができない場合でも安心して故人を弔うことが可能になるというわけです。担保にされた動産や不動産は、請求金額が業者に支払われなかった場合に差し押さえられます。

その際に喪主自身が資産の監禁手続きをしなければならないと考えられがちですが、実際には担保物件を行使することができるのは業者です。したがって、難しい監禁手続きを業者がよしなに行ってくれるというわけです。どの家庭も当然のように行っている故人とのお別れは、経済的に困窮している喪主も心配することなく行えるようになっています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です