マナー, 冠婚葬祭, 喪服

葬儀のときに使う遺影に向いているのはどんな写真か

葬儀のときには、よほどの事情がない限りは遺影を飾ります。遺影は、故人の人柄が最もよくあらわれているものを使うのがベストです。高齢の男性になると固い表情で写っている写真しか残っていないケースも多いですが、そういう人でも子どもや孫と一緒に写った写真だと、比較的表情がほぐれていることが多いです。写真を探すときには、旅先で孫と一緒に撮った写真などを探すと良いでしょう。

最近ではスマートフォンで撮った写真を使いたいという人も増えていますが、どんなに良い表情の写真でも、スマートフォンの写真は遺影向きではありません。理由は、解像度が低いからです。最近では高画質を謳っている機種が増えていますが、解像度と画質は違うものです。どんなに高画質であっても、遺影用に引き伸ばしてしまうと、かなりぼやけた写真になってしまいます。

どうしてもスマートフォンの中にしか良い写真がないというときを除いては、カメラで撮影された写真を使うようにしましょう。葬儀の間ずっと遺影が出ていて、写真の表情によって式の雰囲気も変わってきます。どんな遺影にするかは、故人と最も近しかったパートナーや子どもなどが選ぶことが多いですが、その際にはなるべく明るい表情で映されているものを選ぶと良いです。葬儀までは時間がなく、他のことも決めなければならないので余裕を持って選ぶ時間がないかもしれませんが、なるべく故人の人柄があらわれている良い表情の写真を選んであげましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です