マナー, 冠婚葬祭, 喪服

葬儀と告別式は厳密には違う

最近では、葬儀と告別式はほとんど区別されずに使われています。専門家である葬儀社の人のなかにも、違いがわからないという人も出てきているようです。しかし、厳密にはこの2つには違いがあります。まず、葬儀は宗教的な意味合いを持ちます。

仏式ならば、お坊さんが入場してきて退場するまでが葬儀です。仏式の場合にはお坊さんの読経とお焼香が同時に行われます。ここからは告別式と葬儀が並行して行われているということになります。告別式は故人に別れを告げる儀式で、宗教的な意味合いは含まれません。

つまり、無宗教の式の場合には告別式のみ行われているということになります。厳密に区別しなくても特別困ることはありませんが、マナーとして覚えておいて損はないでしょう。式を行う前には、コンセプトをある程度決めておくことが大切です。音楽葬、カラオケ葬、など自由な形式のものも登場していますから、故人を最も良い形で送れるようにすると良いです。

遺族の挨拶の際は、親戚関係だけならば形式ばらなくても自由に故人の思い出を語っても良いです。一番大切なのは故人がどのように生きてきたかを確認して、最高の形で送れるようにすることです。遺族は式の形式にこだわるあまりに、お寺さんへの気遣いやお布施の金額などで故人のことを思い返すゆとりもないようになっていますが、本来はもっと遺族の気持ちをゆったりさせて、故人を偲ぶのが式の目的です。本来の意味を忘れないようにしましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です