ブラックフォーマル, マナー, 冠婚葬祭

葬儀のときの喪主の役割

葬儀に呼ばれたことがある人でも、喪主となって葬儀を執り行おうと思うと全く勝手がわからないものです。これはおかしいことでもなんでもなく、日本の社会が死をタブー視してそういう教育を行わないからです。それに対して文句を言っても仕方がないので、喪主になるときには必要最低限の知識は身につけておくようにしましょう。若い人ならば問題ないかもしれませんが、喪主が高齢の場合には身体が不自由で自分の力だけではこなせない部分も出てきます。

そういうときには子どもに代役を任せたりすることも出来ます。名目上は自分が喪主で、スピーチのときだけ代わってもらうという方法もあります。ただし、この場合でも人任せにせずに自分でできる範囲は自分で行うようにしましょう。最低限葬儀前に考えておくべきことは、宗派や宗教、コンセプトや希望、参列者の人数の目安、遺影、連絡先リストの作成、などです。

これをすべて一人で行うのはまず無理なので、大抵は葬儀社を利用することになります。葬儀社と一口に言っても、家族葬に強い、社葬に強い、一般葬に強い、などそれぞれに違いがあります。なので、複数の業者を比較してサービスと相場を見極めることが大切です。トラブルの大半は、業者と遺族間の連携が取れていないことで起こります。

そうならないように、誰にでもわかりやすい説明をしてくれる業者であること、こちらの意向をくみ取ってくれる業者であること、などを確認しておきましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です