マナー, 冠婚葬祭, 喪服

葬儀で配られた塩の使い方

葬儀に参列し、それが筒が無く終わったというような後には塩が入った袋を手渡されることがあります。袋には「御清め塩」などと書かれているのですが、これにはちゃんとした使い方があるのです。ではその使い方とは何かというと、まず目的を説明すると「家の中に不幸を持ち込まない」ということが挙げられます。葬儀は人の死を悼むためのものであり、人の死は何よりも大きな不幸です。

その不幸と近い場にいたということで自宅に不幸を招き入れることが無いよう、神道ではそうした不浄を清める効果のある塩を配るようにしているのです。これはあくまでも神道の教義ですが、神仏習合が当然となった日本、またかつてから縁起を担ぐことをことさらに気にする民族性を持つ日本においては、仏教式の葬儀においても配られるようになりました。では次に使い方ですが、これは葬儀から帰宅した後、家に上がる前の玄関で参列してきた人の肩から腕の袖と、ズボンの裾の足元にかけるというようにするのが基本です。自分で行っても良いのですが家族などに行ってもらうのであっても問題はありませんので、しっかりと身体にかけたいというような場合には家族に手伝ってもらうと良いでしょう。

ただこれはあくまでも、最も多く見られる風習に過ぎません。一部地域では御清め塩は身体に振りかけるものではなく地面に撒き、その上を踏んでから家に上がるものというような風習もありますから、「この方法じゃないからおかしい」というように言うのは控えるようにしましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です