ブラックフォーマル, マナー, 冠婚葬祭

生前に行う葬儀もある

葬儀は基本的に誰かが亡くなった後、その人のことを悼むために行われる物です。ですが葬儀という概念はさまざまな形で変化を続けており、そうした変化の中で営まれるようになったのが生前に営まれる、いわゆる生前葬です。ではこの生前葬とは何なのかというと、実際のところ細かいルールが定められているわけではありません。存命の人物が、自分が生きているうちに自分の葬儀を済ませるということが最低条件になりますから、それを満たせるのであればどのような形であっても問題は無いとされています。

従って挨拶などをする厳かなものから、カラオケなどの催し物を行うパーティー形式のものまで多種多様な形で営まれるようになっているのです。ただ生前葬をやったからその後は何もしないのかと言われるとそうでもなく、生前葬を行ったあとでも改めて葬儀を行うということもごく一般的に行われています。そのため厳密には葬儀ではないとされることも多く、現在では著名人が引退を表明する際に「これまでの自分はいなくなる」というような意思を表明するために催したり、また引退に限らずこれから新しい方向へ進むことを決めた時など、そうした決意表明の場として催されることの方が多くなってきています。著名人ではない個人が行ったとしても問題があるものではありませんから、もしもお世話になった人に人生の節目として挨拶をしたいというような動機があるのであれば、営むことを検討してみても良いでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です