ブラックフォーマル, マナー, 冠婚葬祭

郷里の親御さんの葬儀には家族葬がおすすめです

今は核家族化していますので、郷里から離れて一家を形成している人たちが多く、そのようなときには親御さんだけ郷里に残るパターンとなっています。しかも、片親が亡くなり、どちらか一人の親御さんになっても、生まれ育ったところで暮らすのが一番という人も多いので、必然的に病気とか介護とかの心配があっても、年寄りが一人で暮らすということになります。さて、こうしたケースで、その親御さんが亡くなったときの葬儀ですが、地方の場合はどうしても盛大にとか、大勢の人が弔問してくれたとかにウエイトが置かれ気味になりますが、こじんまりと家族葬で営むことをおすすめします。もちろん、故人の地域への貢献とかもありますし、地域で先に亡くなった方へお香典をお供えした関係もあり、郷里の方々すれば、水臭いと言われそうですが、先のことを考えれば、家族葬という葬儀形態が適切だからです。

というのは、その後、郷里で故人の知人がお亡くなりになっても、その連絡が都会まで届くとは限りません。お香典をくださった方がお亡くなりになっても、こちらからお香典をお供えできないという不義理になる可能性が多いのです。したがって、そのことを理由にして、親戚の方々までだけが葬儀に参列する家族葬が何よりです。もちろん、そうしても、何人かは弔問してくださいます。

そのような人はご厚情のある方ですから、拒まずに参列していただきますが、通常の葬儀と比べれば数はかなり少なくなります。それこそ、親戚の方にお願いし、その方々への不義理がないようにしておけば、いいでしょう。ブラックフォーマルのことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です