マナー, 冠婚葬祭, 喪服

葬儀社の担当者の人柄を確認しよう

葬儀社は葬儀全般をすべて執り行ってくれますが、その担当者と相性が悪いと納得のいく内容にならない可能性もあります。担当者を見るときには、応対が良くサービス精神があるかどうかを確かめておきましょう。電話や訪問時の言葉遣い、身だしなみなども判断の決め手になります。また、こちらの辛い気持ちをくみ取って話を聞いてくれるかどうかも大切です。

業者も繁忙期のときには対応が雑になってしまう部分が出てくるかもしれませんが、その中でも最高のサービスをしようとしている姿を見せてくれているならば、人柄は問題ありません。葬儀社は他の業者と違い、人の死というデリケートなことを扱うところなので、人柄が最優先されます。特にこちらのショックが激しくて何も手につかないときに、しっかりと話を聞いてくれるようならば信頼出来ます。そして、説明がわかりやすいかどうかも大切です。

葬儀では喪主が高齢という場合もあり、そうなると理解力が衰えている可能性もあります。どんな相手に対しても式の流れや繊細、用意すべきもの、料金、などを明確にしてわかりやすく説明してくれる担当者が必要です。もし話を曖昧なまま進められていると感じたり、契約を急がせるようなところは、営利目的でしか動いていない可能性が高いです。そういう業者を利用してしまうと、気持ち良く故人を送ることができない可能性が高くなってしまうので、断りましょう。

説明がわかりやすく、信用できる人柄かという2点を確認しておきましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です