マナー, 冠婚葬祭, 喪服

葬儀は営むべきなのか

かつてから日本では、人が亡くなったというような場合に葬儀を営むことを行ってきました。葬儀を行う理由としてはさまざまなことが挙げられ、例えば宗教、浄土宗の教えなどでは新たに亡くなった人が極楽浄土に行けるようにという理由があります。また宗教とは関係ない個人の理由として、亡くなった方との最後のお別れの時を過ごすためというようなこともでてくるでしょう。ただここ数年、日本国内においては「葬儀は行わなくてもよい」というような声が聞こえるようにもなりました。

ではそうした声がある中で費用を支払って営む必要があるのというと、これは人によりけりというのが最適な答えとなります。確かに現代の日本ではかつてのように特定の宗教を篤く信仰しているというような人は少なくなり、どちらかというと生前、現世での過ごし方に比重が置かれるようになりました。これは法律や科学などによって日本という国の規律が守られ、文化レベルが高くなったことが背景にあるでしょう。そのため「故人が迷わず極楽浄土にいけるように」と考える人はそこまでおおいわけではなくなりました。

このことを考えると、少なくとも宗教的には無理をして葬儀を営むほどの価値は無くなったと言うこともできます。ただ問題になるのが故人とのお別れの時間をどうするか、一つの区切りをどう設けるかということです。事実として葬儀を営まなかった人の中には、一定数「最後くらいはちゃんとしてあげた方が良かった」と後悔する人がいます。読経や焼香といったようなプロセスが無くなったことで、故人との別れを明確に意識することが出来ないのです。

そうしたリスクを考えると、多少の費用負担を覚悟の上でしっかりとした式を営むことには意味があるでしょう。結論としてはやはり人それぞれ、どういった形を望むかによって営むべきかそうではないかが決まってくるのです。喪服のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です