日常的に使用されている水道水は非常に安全であり、有害物質を安全基準以下にした上で、初めて各家庭に供給が行われます。しかし、そのまま使うことに不安を覚える場合や、より美味しく飲みたいなどでは浄水器が利用されています。浄水器は、簡単には水をキレイにする装置であり、現在、いくつかのタイプが販売されています。購入をする場合には、最初にどのようなタイプがあるのか把握をしておく必要があり、現在、販売されている主なものとしては、蛇口直結型、シンクトップに設置する据置型、シンク下部に設けるアンダーシンク型、非常に簡単に利用できるポット型、蛇口に取付けるシャワー型、防災グッズなどで使用されるストロー型があります。

ストロー型を除いては一般的に目にすることも多く、中でも蛇口直結型は最も普及が進んだ製品となります。シンクトップ型、アンダーシンク型を除いては業者に依頼をしなくても簡単に設置をすることができ、費用面においても安く済ませることができます。浄水器を選ぶ場合には、タイプのほかにも選ぶポイントがあり、内容としては、ろ材、コスト、使いやすさを上げることができます。特に「ろ材」に関しては専門的な内容となるために知られていないことも多く、ここでは、特徴を良く掴んだ上で判断をすることが大切になります。

「ろ材」は、いわゆるフィルターのことを指し、水道水から不純物を取り除く働きをします。まず、活性炭があり、働きとしては表面にある多数の微細孔によって不純物を吸着します。他に、微細な穴を持つ膜となる「ろ過膜」、セラミック製のフィルター、水中の金属イオンを無害なものとするイオン交換樹脂、「ろ過膜」よりもさらに細かい穴を利用した逆浸透膜と呼ばれるものがあります。水の「ろ過」に関しては1種類だけですべての不純物を取り除くことは難しいとも言われており、2種類以上の「ろ材」を組合せた商品も多く販売されています。