水道水を直接飲んだり、使ったりすることに抵抗を感じている場合は、宅配されるウォーターサーバーを利用したり、ペットボトルのミネラルウォーターを購入したり、給水サービスを利用したりなど、様々な方法が提供されています。その中でも、浄水器を利用して水道水を浄化するという方法には、様々なメリットがあります。浄水器といっても色々なタイプや、種類の製品が販売されていて、価格帯や、水道水を浄化できる能力についても、バラバラとなっていますが、ペットボトルのミネラルウォーターや、ウォーターサーバーと比較すると、ランニングコストを安くして導入することができるということがメリットとして挙げることができます。どんな種類の浄水フィルターを使ったとしても水道水に残留している塩素を取り除くことが出来ます。

水道水を浄化できる能力を高いものにすると、ランニングコストを安く抑えることが難しくなってしまいますが、飲み水や、料理に使用している水道水の臭いや、味が気になっていて、その臭いや、味を解消できるのでメリットを実感することが期待できます。また、機種によっては水道水を浄化できる性能には違いがあります。中でも浄水フィルターの性能の違いとは、取り除くことができる不純物の差によるものになります。浄水フィルターの材質により、取り除くことができる不純物の種類が違ってきますが、性能が良い浄水器を見つけるためには、それぞれの浄水器のメーカーがホームページなどで公開する情報を知っておくことが必要になります。