ウォーターサーバーは以前は会社の中や病院など、公共施設の中にのみ設置されているイメージが強かったですが、最近では家庭用としても注目されています。家庭内で注目されるようになった大きな理由の一つが、その安全性です。日本は蛇口をひねれば安全な水が出てくるので、浄水器を設置していた家庭も多いようですが、浄水器はどうしても劣化してくるというデメリットがあります。ウォーターサーバーは、電気代やサーバー、水の発送料がかかりますし、浄水器も設置に費用が掛かります。

費用としては浄水器の方がリーズナブルに感じますが、長い目で見た水の浄水性は一定ではありません。ウォーターサーバーの水は元々添加物が入っていませんし、軟水や硬水など、種類を選ぶことが出来るというメリットもあります。自分の丁度良い温度で手早く飲む事が出来るというのも利点の一つです。また、ウォーターサーバーは手軽さでも注目を集めています。

お店でペットボトルの水を買うとなると、1リットルにつき1キロの重さがあります。これを持って帰ってくるとなるととてもおっくうに感じるのではないでしょうか。ウォーターサーバーの水は定期的に家に届けてもらう事ができ、いつでも気軽に飲める状態にあるという事が利点です。あまり水が減らなかった時も送ってもらう頻度や量を手続きで変更することが出来るので、一定量のストックをしておくことが出来るのも魅力です。

このようにメリットを考えてみると、浄水器を設置したり、お店に買いに行くよりも、サーバーを家庭内に設置するのがコストパフォーマンスが良いのではないでしょうか。